スポンサードリンク


転職・就職に役立つビジネス知恵袋サイトトップ >失業 | ハローワーク >> 失業保険を受給しながらのアルバイトでばれないようにすることって
失業保険を受給する際、アルバイトをしてはならない、
とハローワークで説明を受けます。

つまり保険を適用している間は、
求職活動をすることが基本ですので、
バイトをしていると、ただで給料をもらっている
ことと同じであると判断されてしまいます。

また、アルバイトは一切してはならないのか
という点については、
アルバイトをしている日は、
求職活動をしていないとみなされ、
その分の失業保険支給分が減額される
というのが正しい解釈のようです。

アルバイトをしている日数の分は、
支給対象期間が過ぎても求職している場合に適用されますので、
求職活動ができる日数には変更がないということができます。


しかし、もしもばれないと思い込んで
隠れてアルバイトをしていたことが発覚した場合、
受給はできなくなることはもちろん、
それまでに支給された失業保険分の三倍
を支払わなければならなくなってしまいますので、

ばれないように注意しながら働くというよりは、
やはりしないほうがいいかもしれません。

アルバイトをしなければならない理由としては、
日払いでもらわなければならないため、
そのようなタイプの仕事をしている、
など、様々でしょう。

そのようなことを的確に申告して
了承をもらうことができれば、
ほぼ問題は無いと言えるでしょう。


スポンサードリンク
cenweb2 at 07:09│clip!失業 | ハローワーク