スポンサードリンク


転職・就職に役立つビジネス知恵袋サイトトップ >再就職 | 失業 >> 50代のリストラで再就職の典型的なパターン
50代でリストラをされ、再就職をするという場合、
一般に再就職される数の1割程度の割合と少ないことから見て、
なかなか若い方のようにはうまくいかないというケースも多いでしょう。

やはり50代のあたりの人材は、企業では重要なポストにあると認識され、
また、定年まではあと少しであるということで、
給与が高く、経験が豊かで、能力が高いということから、
なかなか見合う給与が出せないと判断されがちです。

あるいは給与が少なくても結構、という場合もあるでしょうけれども、
そのような採用方針を持っている会社はそれほど多くないかもしれません。


50代でリストラされた場合、
再就職をするよりも自営などで独立しようと思われる方も最近では多いようです。

このような方に聞けば、

かえって再就職をするよりもこっちのほうが楽である、

という方も多いようです。
これはしかし経験をしっかりと積んでいる立場の方が多いでしょう。

あるいは50代からでもどんどんスキルアップできる能力がある場合もあるでしょう。

前職では職種が狭いけれども、能力が高いというケースです。
このような場合は、リストラを奮起として
自分の能力の可能性を自由に広げられるのだと思います。

スポンサードリンク
cenweb2 at 07:03│clip!再就職 | 失業