スポンサードリンク


転職・就職に役立つビジネス知恵袋サイトトップ >転職 | 自己啓発 >> 転職失敗ですぐ辞めるのは駄目
転職をして直ぐ辞める人がいます。
転職そのものが失敗だということで
すぐに辞めるのでしょうが、
まずすぐに辞めるというのがよくありません。

そもそも転職の失敗とはどのようなものでしょう。
・職場先の雰囲気が合わない
・いやな上司がいた
・いやな部下、同僚がいそう
・初期のイメージと異なる
・自分にはやはり向いていない
などなど

いくらでも転職失敗の要因を挙げるとキリがありません。

また上記のことはすべて自分に関することです。
自分自身が我慢すれば、問題を回避できる場合が多いです。

仮にすぐ辞めた理由として、
会社側に原因があれば、それが別です。

会社側が嘘の対偶面を提出していた、
給料を支払ってくれない
会社がすぐに倒産した
など。

まず、転職をした理由をもう一度見直しましょう。

あなたが転職をした理由はなんですか?


転職をした理由自体も先ほどの自分自身で解決できる内容であれば、
前の会社を辞めた時点で、転職失敗をしているようなものです。

そのような考えではどのような会社に勤めても、
同じ結果になるでしょう。

ましてや、この不況の中、
仕事にありつけるだけでもラッキーと考えるほうがよいでしょう。

では、どのようにこのような現状を回避すればよいのでしょうか?
それは、もう少し、2,3年後先を見通せる考えをもつとよいです。
そして、自分自身を知ることです。

2,3年先のことを余裕をもって考えると
気持ちが楽になります。
そして、転職失敗のことなんて考えない。
今の仕事をどのようにしてこなし、会社に貢献できるのか。
そこを徹底的に考え、実践すべきです。

あなたは雇用されている側です。
会社に利益をもたらすことが、契約条件です。

適当に働いて、給料をもらうなんてことは、
アルバイトと同じです。
もちろん、アルバイトでもそのような気持ちではいけません。

すべて自分がする行動には責任を持ち、
何のために、今働いているのか?
何のために、仕事をしているのか?

を明確に答えをだすべきです。

もちろん、現時点では会社の為ということにはなりますが、
2,3年後には、会社のためにしていたことが、
結局は自分の利益になって返ってくることでしょう。

どのような職場にも得るものはあります。
転職失敗は、転職成功と同じこと。がんばりましょう。


スポンサードリンク
cenweb2 at 06:45│clip!転職 | 自己啓発