スポンサードリンク


転職・就職に役立つビジネス知恵袋サイトトップ >確定申告 | 副収入 >> サラリーマンの副業で青色申告するときの注意点
サラリーマンで副業をして副収入を得たら、
その金額が20万円を超えると確定申告をする必要があります。

そして、副業で副収入を得るということは、
お金の出入りが生じますので、出入り表をつけます。

いわゆるお小遣い帳のようなもので結構です。
見本となるのは、銀行通帳などですね。
入金と出金がわかるものであれば、
問題ありません。

ここまでの管理をしていれば、
いわゆる白色申告をすることができるでしょう。

白色申告はそこまで難しい記帳ではありません。
お金の出入りを明確に説明することができれば、
それでよいといわれています。

そして、次に青色申告です。


ただ、青色申告をする場合には、
前もって手続きが必要です。
税務署に規定の書類を提出しない限り、
青色申告ができませんので、できれば12月までに
青色申告届けを出しておきましょう。

そして、晴れて青色申告ができるようになれば、
10万円から最高65万円の「青色申告特別控除」が
受けられます。


この意味するところは、
仮にあなたが、20万円の所得があるので、
確定申告をします。
するともちろん、所得ですから所得税がかかります。

しかし、10万円から65万円の「青色申告特別控除」があれば、
20万円にかかる所得税を抑えることができます。

サラリーマンとして副業をして、少しでも家計の足しに・・・
と思って、がんばっているのに、さらにここでも税金で引かれるのは
がんばっているサラリーマンにとって、とても痛いことです。

ですから、できることであれば、
青色申告にチャレンジされるとよいですね。

そうすれば、所得が65万円に増えたとしても、
所得税を支払う必要がありません。

税のことを勉強するといろいろと節税方法が解りますので、
副収入をある程度えることができれば、
節税のことも考えられるとよいかもしれませんね。


スポンサードリンク
cenweb2 at 09:13│clip!確定申告 | 副収入