スポンサードリンク


転職・就職に役立つビジネス知恵袋サイトトップ >転職 | 自己啓発 >> 転職の失敗談を次に活かす
転職というものは、大抵、失敗します。
なぜなら、仕事が上手くいっているのであれば、
その会社にいるはずです。

ですから、あなたは今現在はマイナス状態にいるので、
転職をしようと思っているときは、大抵失敗します。

逆に、転職なんてまったく考えていないときに、
他の会社から引き抜きの話がある、という場合は、
失敗する可能性は低いでしょう。

あなたは今の会社でも上手くいっているようですし、
次の会社にいっても即戦力となることでしょう。
もちろん、いろいろと検討する材料はあると思いますが、
「転職をしたい」と思っている人よりも失敗する確率は低いと思います。


現に、私も2回ほど、転職を繰り返しました。
1つ目の会社をやめたときは、自己都合でやめました。
今の会社よりも、やりたい仕事を見つけたからです。

そのような状態であれば、転職するときも失敗する確率は低くなります。
なぜならば、自分自身がやりたい仕事を見つけ、
その目標に対して、つきすすんでいれるからです。
前に進んでいるときは、プラス思考ですので失敗もしにくいです。

しかし、自分自身がそのようなプラス思考でも
受けて側(雇用者、事業者)側があなたを求めているとは限りません。

私のように志をもって仕事につきたい人は
ごまんといるのです。

あなただけではないのです。
そこが転職で失敗する大きな点です。
どうしても、転職したい・・・という状況の場合、
自分自身のことしか考えることができないので、
周りが見えない時が多いです。

ですから、その場合、
最低でも自分がつきたい職場であれば、
会社を選ばないことです。

もちろん、すべての面において理想にかなう会社に転職できることが
一番ではありますが、そこまで世の中甘くありません。

ですから、自分がしたい仕事ができる会社を選びましょう。
対偶面などは、後からついてくるものです。
方向性を見失わないようにしましょう。

そのような姿勢で挑めば、
転職した失敗談も次の仕事に活かせるはずです。


スポンサードリンク
cenweb2 at 08:57│clip!転職 | 自己啓発