スポンサードリンク


転職・就職に役立つビジネス知恵袋サイトトップ >副収入 | 専業主婦 >> 専業主婦の副収入による確定申告
税という面からみると、専業主婦というのは、例えば夫の配偶者なので、基本的に夫の申告時に配偶者控除として税金を免除してもらっているのです。

その場合、配偶者控除額は38万円です。
ですから、その金額を上回る所得を得たとすれば、夫の申告時の配偶者控除がなくなります。

また基本的に確定申告をする場合、基本的に誰でも38万円の基礎控除があるので、38万円以上の所得があれば、確定申告をする必要があります。

ただ、所得控除というものは、雑損控除、医療費控除、社会保険控除、生命保険控除などさまざまな控除があるので、それらを足して、所得金額がプラスになれば、所得税がかかりますので、確定申告をする必要があります。

ですから、専業主婦の場合、副収入で38万円以上の所得金額を得ると、所得税を支払う義務が生じます。

ただ、所得金額というのは、副収入を得るために必要な経費を引けるので、一概に数十万円の副収入を得たからといって、悩む必要はありません。




例えば、毎月の副収入が月2万円あるからといって、年間48万円の利益をえられたからすぐに、夫の扶養からはずれ、税金が跳ね上がる・・・という訳ではありません。

必要経費や所得控除できるものを差し引いて、年間38万円以下であれば問題ありません。

また、この場合は、事業所得の場合であり、給与所得の場合は異なります。
給与所得であれば、年間103万円以内であれば、特にこのような問題に悩む必要はありません。

扶養にかかることを考えると少し専門的な話になるので、しかるべきところへ相談する必要があると思いますが、扶養からはずれる、はずれないというのは、基本的にはサラリーマンの世帯の方が関係するものです。

自営業者の場合は、扶養などのことはほとんど関係ありません。

サラリーマンの場合扶養からはずれる、はずれないということは、会社の健康保険により収入限度額などがありますので、そちらで確認されることをオススメします。



スポンサードリンク
cenweb2 at 14:17│clip!副収入 | 専業主婦