スポンサードリンク


転職・就職に役立つビジネス知恵袋サイトトップ >副収入 | 確定申告 >> サラリーマン確定申告は副収入がいくら?
サラリーマンで確定申告が必要な方が、1箇所から収入金額が2000万円を超える場合です。
そして、給与所得や退職所得以外の所得金額が20万円を超えるなどの場合となります。

いわゆる、副業で副収入を得たら、その金額が20万円を超えると確定申告をする必要があります。

ただ、ここで注意する点とすれば、所得金額が20万円というところです。
所得というのは、通常、収入金額から必要経費を引いたものが所得金額です。

ですから、副収入の金額が20万円だったとすれば、その収入を得るためにかかった経費が1円でもあれば、19万9999円になるので、確定申告をする必要がない、ということになります。

副収入を得るには、それなりに経費がかかるものです。
例えば副収入に関する書籍を購入したとすれば、その書籍代は、図書新聞費であったり、研究費などとして、経費となります。

他にも自己啓発セミナーなどに出席されたとしても、その副収入を得るために必要であれば、必要経費となります。

ですから基本的に副収入を得たからといって、すぐに確定申告が必要となるわけではありません。







仮に、アフィリエイトなどで月4万5千円の収入があったとすれば、年間にすると54万円のどの収入にはなりますが、それに対する経費を毎月3万円かけていれば、確定申告をする必要がありません。

もちろん、パソコン購入代、プリンター購入費用、セミナー参加費用、電気代、インターネット接続費用、交通費、研究費、などを計上すれば、それなりの経費にもなります。

例えば、旅行関係のアフィリエイトをして、取材費などで旅行先を訪問したとすれば、それも経費に計上させることは可能な場合もあると思います。

そうすると、趣味と実益がかなうことになりますね。

仮に毎月旅行関係のアフィリエイトで毎月10万円の収入があったとします。
そして、毎月旅行費用として9万円もかけていれば、確定申告の必要がなくなります。
海外旅行なんて、1人20万円ぐらいはかかるのですから、やりくりの仕方によってはこのようなことも可能なわけです。

スポンサードリンク
cenweb2 at 13:20│clip!副収入 | 確定申告