スポンサードリンク


転職・就職に役立つビジネス知恵袋サイトトップ >解雇 | 失業 >> 会社都合退職と解雇の違い
会社都合退職と解雇の違いは、非常に中途半端で曖昧です。

解雇でも懲戒解雇などを除いては、会社都合退職も解雇も、
労働者側に非がない状態で、労働契約の解消の原因が会社側にあるケースがほとんどです。
例えば、最近ではめっぴり多くなった業績不振による人員整理や倒産など。

ただ、解雇というよりも会社都合退職という方が
会社側、労働者側両方にとって言葉の響きが軽くなるので、
慣例用語として「会社都合退職」という言葉が使われています。

ちなみに、
強引な退職勧告やいじめ、セクハラ、親族の死亡、結婚や出産などの家庭事情も、会社都合退職の正当な理由になります。

そして、退職をする場合、自己都合退職よりも
会社都合退職や解雇の方が、失業保険の給付を受ける上では非常に有利になるので、
退職したい理由が会社都合退職に当てはまらないか事前に確認してみるのもいいかもしれません。



しかし、明らかに会社都合退職のケースでも、その証拠を明確にできないと認められない可能性もあります。
これもよくあるケースではありますが、会社都合退職や解雇の場合、会社側にデメリットが生じる場合があるので、
自己都合退職にさせられることが多いです。
特に、いじめやセクハラなどは立証が難しいため、注意が必要です。

また、会社、雇用者側にとっては、
労働者に「自己都合退職」してもらう方がなにかと都合がいいので、
「解雇より自己都合退職の方が再就職の時の印象がいいから」などといい、
労働者側から退職届を提出させようとすることもあるようです。

労働者側としては、自己都合退職のメリットとしては、ほとんどありませんので、このような場合はできるだけ拒否するようにしましょう。

最後に、退職届けについてですが、
会社都合退職も解雇も、労働者側が退職届を書く必要はありません。

逆に退職届を書いてしまうと、自己都合退職として処理されてしまう恐れがあるので、
書かない方が無難です。
退職届けを求められても、出す必要もありません。



スポンサードリンク
cenweb2 at 06:48│clip!解雇 | 失業