スポンサードリンク


転職・就職に役立つビジネス知恵袋サイトトップ >解雇 | ハローワーク >> 会社都合退職のデメリット(会社側と労働者側)
会社都合退職のデメリットについて考える前に、
会社側のデメリットと労働者側のデメリットがあるということを
念頭において考えていきたい。

まず、会社側での会社都合退職のデメリットとして、
解雇権濫用に該当した場合に、労働者からの訴訟となる場合がある。
会社側の都合での退職とするのだから、何か会社側としても労働者に対して退職させなければならない事柄が合った場合に、自己都合にしておけば、訴訟となった場合に免れる可能性があります。

次に、助成金がもらえない場合があります。
労働者が会社都合で退職した場合に、その会社が高齢者や身体障害者を優遇して雇っている場合に、補助金がもらえるのですが、それがもらえなくなる可能性があります。



最後に、対外的な信頼度が低下するということ。


では、労働者側の会社都合退職のデメリットですが、
こちらは、ありません。

失業保険も会社都合の場合であれば自己都合の場合のときよりも、
すぐにでますし、自己都合よりも少し多めに支給されるそうです。

ですから、基本的に会社都合退職でのデメリットというのは、
会社側に生じてきます。

確かに、私も2度の退職をしていますが、
労働条件などを見直すと、会社都合にしても差し支えない状態ではありましたが、
自己都合退職をしました。

会社としては、その方が都合が良かったのでしょうね。


スポンサードリンク
cenweb2 at 06:19│clip!解雇 | ハローワーク