スポンサードリンク


転職・就職に役立つビジネス知恵袋サイトトップ >再就職 | 交渉 >> 定年後に独立するときの注意点
団塊の世代の方が、どんどん退職している中、
定年後の独立をして、ビジネスをはじめよう
という方が増えているようです。

ただし、
独立・起業というのは、本当に難しいもので、
気力、体力、そしていままでの養ってきた知識
だけでは、成功しません。

やはり、そのときのニーズにあったビジネスをすることが
成功するための秘訣です。


定年後の独立の注意点としては、
以前の会社に所属していたときの顧客や取引先などの人脈が
使えるとは限らないことです。

ある意味では、顧客情報の流出なども
考えられますので、基本的に顧客、取引先との関係は、
考えないほうがよいでしょう。

あなたのいままでの知識というのは、
いままでお世話になっていた会社の知識、ノウハウです。
あなたが、その知識で独立するということは、
今までの会社とライバル関係になってしまいます。


基本的に定年後に独立起業をするのであれば、
いままでとはまったく関係のない職種での起業をおすすすめします。
そして、ことなる職種で、いままでの顧客、取引先との関係が
利用できるのであれば、それは多いに利用すべきでしょう。

長年、同じ会社につとめていると役職も高くなり
つい勘違いしてしまいがちですがいざ独立してみたら、
付き合いが途絶えてしまうこともよく起こります。

役職が高いだけでなく、会社というブランドだけで、
仕事ができていた・・ということにも気がつくかもしれません。

ビジネスというものは、
本当に相手を満足させる仕事ができなければ、
意味がありません。

もしかすると、
独立したばかりの時にはご祝儀的に仕事をくれるかもしれませんが、
そのようなものは、決して、長くは続かないでしょう。

初めは、すべて自分の力だけで
起業しなくては、決して長続きしません。


会社に所属している間は、気が付かないうちに、
その会社が培ってきたブランド力の恩恵を受けているものです。

それを自分の力だと錯覚してしまうと、
定年後の独立はとても悲惨なものになるかもしれません。


それでは、いままでの自分はいったいなんだったのだ!
という反論が起きるかもしれませんが、
少しきつい言い方ですが、
会社だけではなく、日本の経済発展に上手くのれていた時代を
生きてこられたので、その高度経済成長の力もあるということを
忘れないで下さい。

日本自体が高度発展していたので、
仕事なんていくらでもあります。

しかし、今は、日本経済も下降しており、
不況の真っ只中。

その状況下で、勝負を挑むことになるのです。

独立すれば人に使われなくて済む、
再就職先を探さなくていい

などの軽い気持ちで定年後の独立を考えているのなら、
やめておいた方がいいと思います。

独立するということは、何もかも一人でやり、
自分が責任を取るということです。


もちろん、
ハングリー精神で今までを行きぬかれてきた
企業戦士の方には、これには及びません。

どんどん、会社を複数運営し、
第二の企業人生を歩んでいただければと思います。

会社というものは、
ある意味、自分の子供のように感じます。
大切に育てていきましょう。



スポンサードリンク
cenweb2 at 08:38│clip!再就職 | 交渉