スポンサードリンク


転職・就職に役立つビジネス知恵袋サイトトップ >解雇 | 再就職 >> 再就職手当の条件(支給要件)とは
再就職手当てというものがありました。
少し魅力的な意味深なことばですが、
要するに、雇用保険をもらう前に就職が決まった場合に、
本来であれば、雇用保険をもらえるのだが、
早くに就職が決まったので、手当てを差し上げますよ。
という制度です。

この説明を聞いたときに、
こんな制度もあるんだと関心しましたが、
私が失業したときは、
職業訓練でビジネススキルも身につけたかったですし
自分にあった就職先なども今回はしっかりと見つけたい、
さらには、自分自身は、いったい何ものなのか???
という自分探しの時間もほしかったので、
残念ながら、この再就職手当てというものは、
数秒で、私には関係のないもの・・・と判断してました。

しかし、今のような不況時には、
明日の生活も大変な方が多いなか、
このような再就職手当てがあると、
助かる人も多いだろうなと思います。

され、以下ではもう少し詳しく
再就職手当てについてかいてみますね。

再就職手当とは、要するに
就職を促進するために給付される手当の一つです。

そしてその手当をもらうためには、
いくつかの条件があります。
しかしながら、その条件に当てはまったとしても、
再就職した日の翌日から一ヶ月以内に、
再就職手当をもらうための手続きを行わないと
給付を受けることができなかったりもします。

再就職手当は、基本手当を支給される残りの日数が
所定給付日数の三分の一以上(かつ45日以上)あることが
給付資格の第一条件です。

いろいろとややこしいですよね。
しかし、お金のことですから、しっかりと条件を守る必要があります。

そして、このことは知らなかったのですが、
自分で雇用保険の被保険者を雇用するような事業(いわゆる会社を興すということですね)を始める場合にも給付されるようです。

ま、このようなことは当時の私からすれば、
縁遠いものでしたので、関係なかったのですが、
実は今は、自営業をしているので、
このような制度にあることに、びっくりです。



スポンサードリンク
cenweb2 at 08:05│clip!解雇 | 再就職