スポンサードリンク


転職・就職に役立つビジネス知恵袋サイトトップ >失業 | ハローワーク >> 失業保険の受給時のアルバイトって
失業保険を受給するにあたりとても大切なことです。
失業保険をもらっているときは、アルバイトをすると
その期間は、受給してもらえません。

知り合いに頼まれた簡単な仕事でも、
その仕事に対する対価をもらった場合は、
それもアルバイトとみなされるようです。

もう少し詳しく説明すると、
ハローワークによって若干、基準に違いがあるようなので、
事前に地元のハローワークに確認してから
アルバイトをされるとよいと思いますが、
失業期間中にアルバイトをした場合、
原則として四週間に十四日以内、週20時間以内、週三日以内
というのが、大体の基準になっているようです。
私自身退職したときも、
このように頂いた書類には書いてありました。

また、さらに細かくみてみると、仮にバイトやパートでも、
一年以上の継続雇用が見込めて、
週20時間以上働いていると、
「失業」ではない状態になります。


そして、一点注意点ですが、
いわゆる「待期中」にバイト・パートをすると、
働いた分、失業保険の給付開始日が遅れてしまうので、
待期中のアルバイトは控えた方がいいです。

いずれにせよ、失業中のアルバイトというのは、
必ず、隠さずに申告する必要があります。

もし、不正受給になってしまうと、
それ以降の失業保険の受給が受けられなくなりますし、
不正にもらった金額の3倍を納付する義務が生じるようです。
あまり、不正受給のことは聞いたことはありませんが、
よくあるのは、「たれこみ」が多いようです。
親戚、友人、その他交流関係の人から、漏れるようですね。
ちょっとした口弾みが、不正受給でばれるようです。

はじめにもかきましたが、
内職や家業の手伝いをした場合も申告が必要ですので、
本当に注意してくださいね。

無職になるとやはり暇ですし、時間が余るので、
ついつい、周りの人もなにかと頼みやすい状況になります。

もちろん、人助けでボランティアのように無給ですればよいこですので、
無理に断る必要もないと思いますが・・・。


スポンサードリンク
cenweb2 at 07:53│clip!失業 | ハローワーク